第13回つるせよさこい祭り 実行委員長
五十嵐洋太

この祭をもとに、街の賑わいに!

平成最後となる、平成30年つるせよさこい祭りも13回目を迎えることとなりました。この祭りも、鶴瀬西地域の祭りとして定着をしてきたことと考えており、年々賑わいを増してきているのではないかと感じております。この祭りの開催、継続は鶴瀬西、上沢、関沢地域の皆様をはじめ、関係各位のご理解とご協力のよるもので、暖かく見守っていただけることが今日を迎えられたものと心より感謝申し上げます。そしてこの祭りの運営は地域の商店会、町会、NPO法人、大学そして市民の方々とで実行委員会を組織しており、街の活性化につながり、街の賑わい富士見市の賑わいに結びついてもらえればと願い開催をしております。今年は58チームのよさこいチームの参加、そして模擬店会場を増やしての開催、また、つるせよさこい祭りオフィシャルTシャツを作成、販売をしております。多くの来場者の皆様のもと、祭りが大成功に開催できることを願っております。結びに、つるせよさこい祭りに対するご支援に心より感謝を申し上げ、地域及び富士見市の発展を願いご挨拶と致します。